冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー

冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー

葬儀のお通夜について

故人の方が亡くなった当日に行うことは少なく、翌日にお通夜を行うことが多いと言われています。亡くなった方の魂は、あの世とこの世の堺でいるので、道に迷うことがないようにろうそくとお線香を絶やさないようにして行うことが多いです。親戚の方や、友人、知人の方が亡くなった場合は、夜の6時から9時ぐらいまでの間に行うことが多いので、必ず参列するようにしてほしいです。翌日の葬儀、告別式に出席できない場合も必ず参列するようにしてほしいです。こちらの都合ですぐ駆けつけることが出来ない場合は、お悔やみ電報を送るようにしてほしいです。始まる一時間前か2時間前までには、届くように配慮することが大切なので、気を付けるようにしてほしいです。

服装は、地味めの平服を着用するようにして、肌の露出を控えるようにして、アクセサリー類は、ブラックかホワイトの一連のパールのネックレスか、結婚指輪以外は付けないようにしてほしいです。バッグや靴なども光沢がない黒を選ぶようにしてほしいです。最近は、仕事が終わってから参列することが出来るので、利便性が高くなっているため、お通夜が告別式のようになっている地域が増えています。その土地に風習によって、違ってくるのでマナーをきちんと守るようにしてほしいです。出来るだけ私語は控えるようにして、他の方と会話をする時は、小声で話すように配慮をするようにしてほしいです。親戚の方の場合は、食事をふるまわれるので出席するようにしてほしいです。

神式や仏式によって、作法が違ってきますが、仏式の場合は、遺族に一礼をしてから、順番が来たら、お焼香をするようにしてほしいです。女性の方は、普段のメイクよりも控え目にメイクアップをするように配慮をするようにしてほしいです。遺族の方は、心身ともに大変疲労しているので、配慮して、手短に挨拶をするようにしてほしいです。出席をできなかった場合は、相手の方が落ち着いたら、早めに弔問に訪れるように配慮をするようにしてほしいです。

関連キーワード

Copyright (C)2019冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー.All rights reserved.