冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー

葬儀や通夜は地域によって違います。

よく、会社関係の親族の通夜や葬儀の連絡が入ります。こういうとき、いつも行くべきなのかどうあるべきなのかって考えてしまいます。いつも、周りの人に聞いて、上司の判断やその雰囲気で行く行かないを決めたりしてきたのですが、今はまだ、私も新人なのでそれでいいかも知れませんが、そのうち、私も上司になり、後輩や部下に葬儀に行く行かないの判断を迫られる立場になります。そのときに、適切な判断ができるよう、その儀式のいわれって大事だなあって思うんですよね。そういうこと、知っているのと知らないのとではずいぶんと判断も変わってくるように思います。

そもそも、古くからの慣例では、通夜とは、近しい遺族だけで見守って過ごすものらしいので、本来は親族以外の友人や会社関係の方が参列するものではないと考えられていたようです。しかし、その境界線もあいまいになっているようで、会社を終えてからの時間で参列出来るという利便性から、葬儀よりも通夜に参列される方が増え、通夜の場を告別式の変わりにして終了してしまう形もいいことになっているようです。それでも、これは地域によってまだまだ差があるようで、都会はずいぶんと合理的にこのあたりを処理する傾向にあるようですが、田舎ではまだまだ通夜は内々だけでするものという意識も残っていて、注意が必要なようです。実際状況に応じてという場合も多いのでしょうけれど、さすがにだれそれの両親やだれそれの祖父母のような、直接顔もみたことがないような相手には、私は葬儀も遠慮していいんではないかと思っています。

関連キーワード

Copyright (C)2019冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー.All rights reserved.