冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー

通夜にも葬儀にも行けなくてごめんなさい、おばあちゃん

私は、今、ずっと叶えたかった夢を叶える途中にいます。世界中を旅して周りたい、これは長年の夢でした。もうずっと憧れていて、それを叶えるために一生懸命努力してきました。一生懸命貯金をし、やっと手に入れた憧れていた職業も退職し、今まで守ってきた生活を全て断ち切って、私は世界中を周る旅に出たのです。

今は、南米のコロンビアに滞在しており、初めてのスペイン語圏での生活を満喫しています。そんな、平和だった毎日に、先日突然入ってきた母からの一通のメールです。「おばあちゃんが、昨夜亡くなりました」突然のことに、私は驚きと戸惑いで混乱しました。母からのメールによると、通夜は私がメールを読んでいる数時間後に行われるとの事でした。葬儀は翌日でした。何をどうがんばっても、今すぐに日本行きの飛行機に乗っても、通夜にも葬儀にも間に合いませんでした。あんなにかわいがってくれたおばあちゃんのお葬式にも行けないなんて、私は自分を責めました。

憧れていた夢を叶えるために世界に飛び出しました。毎日見る新しい景色と、言葉も文化も異なる人々との出会い、全てが幸せだと思っていました。しかし、大切な人に最期のお別れもできない辛さを味わいました。私は遠い南米で、一人教会に出向いて、祖母のことを祈って泣きました。お葬式にいけなくてごめんなさい、でもここからおばあちゃんのこと祈っています。この祈りは祖母に届くと信じています。離れていても心は通うと信じています。今は、祖母が近くにいてくれると思っています。

関連キーワード

Copyright (C)2019冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー.All rights reserved.