冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー

葬儀の通夜の服装チェック

葬儀といっても、通夜の服装はそれほど厳しいルールはないように思います。というのも、亡くなったことを突然知らされて駆けつけるわけですから、服装の用意ができてなくても不思議ではないわけです。なので、華美にならず、家族や他の参列者を不快にさせないような服装ならそれで大丈夫だと思います。当日の夜などの場合だと、家族のみなさんも、普段着のままの場合もあります。男性の服装は、黒の礼服がすぐに用意できればそれを着ますが、遠方から直接駆けつけたり、会社から家までが遠くていったん帰宅できないような場合には、地味な色のスーツなら大丈夫だそうです。派手な時計やネクタイピンなどをつけているばあいは外しておきましょう。子供さんを連れて行く場合は、制服があるなら制服がベストですが、ない場合には白のシャツに、地味な色のズボンなどを履かせましょう。

女性の場合にはルールが細かくてたいへんですが、基本的には黒の礼服でオーケーです。ストッキングも黒にしましょう。バッグ、靴なども黒で統一しますが、ラメのはいっていない、光らないものを用意します。アクセサリーも、真珠など以外はつけません。一切つけない方が無難なこともあります。ハンカチや傘などの小物も、無彩色のものを一つ用意しておくと便利です。和装ができる人はそれでもいいでしょう。色喪服といって、地味な色の着物に、黒い帯をあわせるのが一般的だそうです。いずれの場合も、髪はきちんとまとめておきましょう。

Copyright (C)2019冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー.All rights reserved.