冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー

葬儀や通夜のかたちも時代とともに変わります。

急な葬儀があると、かなり慌てます。通夜とか、葬儀とか、連絡が入るものの、実際どちらに行くべきなのだろうか、そういうマナーで行くべきなのかいろいろと考えてしまいます。そもそも、通夜のいろいろな儀式ってどういう意味があるんでしょうね。通夜とは、夜を通じて故人を見守るという意味を持つものだそうで、一晩中、ご遺族の方々が故人のそばで、ローソクの火・線香を絶やすことのないように見守って過ごすようです。どうやら、火と線香を絶やしてはいけない理由は、亡くなってすぐの故人の魂は、この世でもあの世でもない世界をさまよっているので、そんな不安定な魂が道に迷うことがなく天国にいけるように、故人の暗い足元を照らすローソクの明かりを絶やしてはいけないといわれているようです。線香は天に煙が立ち上るので、これが天への道しるべとなるから、線香を絶やしてはいけないということだそうです。こういう意味があるので、今でもそのいわれを守って徹夜で故人を見守るご遺族はまだまだ多いようです。

でも、これって意外と大変なことのようです。それでなくとも大事な人を亡くして、遺族はショックを受けているはずです。これからの心配事や不安もたくさんあることでしょう。その上、訪問客がひっきりなしにやってきます。精神的ストレスはかなりなものでしょう。その上、翌日には葬儀もひかえていて、いろいろと決め事もあるし、体力の消耗もあります。なので、最近ではお通夜は夜通しやらないという人も増えてきているようです。それもひとつの選択かもしれませんね。

Copyright (C)2019冠婚葬祭まめ知識 葬式とお通夜のマナー.All rights reserved.